特許庁ロゴ

IPAS

menu

株式会社aceRNA Technologies

代表 進照夫
所在地 京都府京都市
URL http://acernatec.com
同社は、京都大学iPS細胞研究所の齊藤博英副所長が開発した人工RNA分子によるプラットフォーム技術(以下「RNAスイッチ」)により、再生細胞医薬品の精製や創薬事業を行う企業である。

iPS細胞やES細胞などの多能性幹細胞は、分化工程を経て再生細胞医薬品として用いられる。
分化工程で未分化の幹細胞が残存すると癌化の危険性があるため、iPS細胞やES細胞の実用化には、未分化幹細胞の除去技術が必須とされている。また、分化細胞を安全かつ均一に精製することも必要である。

RNAスイッチは未分化細胞を選択的に殺傷もしくはラベリングすることが可能で、分化細胞の大量生産にも応用できることから、再生細胞医薬品の安全性や品質を向上させる重要な技術として、医療への貢献が期待されている。
TOP > 支援先ベンチャー企業 > 株式会社aceRNA Technologies