特許庁ロゴ

IPAS

menu

事業内容

事業概要図
本事業の目的
革新的な技術やアイデアを基に創業するベンチャー企業においては、その技術・アイデア自体が財産となるため、権利化・ノウハウ化やライセンスなどの方針、体制を整備する「知財戦略」の構築が重要です。
しかしながら、創業期には、ビジネスの立ち上げに注力するあまり、知財戦略のノウハウや権利取得にかけるリソースが不足し、コアとなる技術やアイデアが十分に保護されていないことが課題となっています。
そこで、本プログラムは創業期のベンチャー企業を対象に、ベンチャー企業支援の経験者を含む複数の専門家からなるチームを創設し、ベンチャー企業のビジネスに対応した適切なシーズ・出口戦略の診断、知財戦略の構築等の支援を行います。
プログラム内容
ベンチャー企業支援の経験者を含む知財やビジネス等の複数の専門家からなるチーム(知財メンタリングチーム)を組成し、
    ①シーズ・出口戦略等の診断
    ②知財調査を含む知財戦略構築サポート
    ③即時に権利化すべきシーズの出願戦略の立案
    ④フォローアップ
の4 段階で支援することで、ベンチャー企業のビジネスに対応した適切な知財戦略構築の支援を行います。
TOP > 事業内容